海釣り大好き!
year
サービス概要
遊漁プラン
予約状況
釣行日誌
連絡掲示板
関連リンク
お問い合わせ


釣果や釣りに関する様々な情報を随時お伝えします。








夜釣り [20]
大漁! [35]
釣果報告 [2460]
大物! [27]

2019年10月 [1]
2019年9月 [13]
2019年8月 [21]
2019年7月 [21]
2019年6月 [15]
2019年5月 [16]
2019年4月 [8]
2019年3月 [9]
2019年2月 [1]
2019年1月 [2]
2018年12月 [2]
2018年11月 [4]
2018年10月 [11]
2018年9月 [12]
2018年8月 [13]
2018年7月 [13]
2018年6月 [5]
2018年5月 [12]
2018年4月 [10]
2018年3月 [11]
2018年2月 [4]
2018年1月 [7]
2017年12月 [2]
2017年11月 [5]
2017年10月 [12]
2017年9月 [14]
2017年8月 [11]
2017年7月 [21]
2017年6月 [18]
2017年5月 [18]
2017年4月 [8]
2017年3月 [12]
2017年2月 [7]
2017年1月 [5]
2016年12月 [2]
2016年11月 [8]
2016年10月 [10]
2016年9月 [13]
2016年8月 [21]
2016年7月 [16]
2016年6月 [16]
2016年5月 [15]
2016年4月 [13]
2016年3月 [8]
2016年2月 [4]
2016年1月 [3]
2015年12月 [3]
2015年11月 [5]
2015年10月 [13]
2015年9月 [11]
2015年8月 [20]
2015年7月 [21]
2015年6月 [10]
2015年5月 [12]
2015年4月 [9]
2015年3月 [9]
2015年2月 [5]
2015年1月 [4]
2014年12月 [3]
2014年11月 [7]
2014年10月 [11]
2014年9月 [21]
2014年8月 [16]
2014年7月 [19]
2014年6月 [19]
2014年5月 [21]
2014年4月 [19]
2014年3月 [13]
2014年2月 [9]
2014年1月 [10]
2013年12月 [9]
2013年11月 [15]
2013年10月 [14]
2013年9月 [14]
2013年8月 [22]
2013年7月 [18]
2013年6月 [21]
2013年5月 [21]
2013年4月 [11]
2013年3月 [11]
2013年2月 [6]
2013年1月 [13]
2012年12月 [13]
2012年11月 [11]
2012年10月 [16]
2012年9月 [13]
2012年8月 [23]
2012年7月 [19]
2012年6月 [20]
2012年5月 [19]
2012年4月 [19]
2012年3月 [15]
2012年2月 [12]
2012年1月 [12]
2011年12月 [5]
2011年11月 [13]
2011年10月 [8]
2011年9月 [18]
2011年8月 [11]
2011年7月 [21]
2011年6月 [16]
2011年5月 [19]
2011年4月 [12]
2011年3月 [12]
2011年2月 [8]
2011年1月 [5]
2010年12月 [8]
2010年11月 [9]
2010年10月 [19]
2010年9月 [16]
2010年8月 [21]
2010年7月 [19]
2010年6月 [23]
2010年5月 [19]
2010年4月 [20]
2010年3月 [17]
2010年2月 [11]
2010年1月 [10]
2009年12月 [8]
2009年11月 [14]
2009年10月 [23]
2009年9月 [19]
2009年8月 [22]
2009年7月 [26]
2009年6月 [23]
2009年5月 [23]
2009年4月 [23]
2009年3月 [20]
2009年2月 [15]
2009年1月 [14]
2008年12月 [17]
2008年11月 [20]
2008年10月 [27]
2008年9月 [27]
2008年8月 [24]
2008年7月 [30]
2008年6月 [24]
2008年5月 [27]
2008年4月 [23]
2008年3月 [9]
2008年2月 [7]
2008年1月 [12]
2007年12月 [9]
2007年11月 [12]
2007年10月 [16]
2007年9月 [13]
2007年8月 [19]
2007年7月 [15]
2007年6月 [16]
2007年5月 [11]
2007年4月 [11]
2007年3月 [10]
2007年2月 [4]
2007年1月 [7]
2006年12月 [9]
2006年11月 [11]
2006年10月 [23]
2006年9月 [19]
2006年8月 [19]
2006年7月 [25]
2006年6月 [19]
2006年5月 [18]
2006年4月 [11]
2006年3月 [8]
2006年2月 [5]
2006年1月 [5]
2005年12月 [3]
2005年11月 [15]
2005年10月 [23]
2005年9月 [15]
2005年8月 [20]
2005年7月 [21]
2005年6月 [19]
2005年5月 [15]
2005年4月 [17]
2005年3月 [8]
2005年2月 [3]
2005年1月 [6]
2004年12月 [4]
2004年11月 [11]
2004年10月 [11]
2004年9月 [11]
2004年8月 [20]
2004年7月 [21]
2004年6月 [20]
2004年5月 [8]
2004年4月 [5]
2004年3月 [4]


2019 8月
2019/08/31(土):
 






上潮が早く根係の連発で操船しずらくこまりましたが
ぼちぼちといったところで何とか釣りになりました。

釣果 アコウ(30−45cm)47 ボッカ24 ヒラメ2 マハタ1 ソイ1 小ビラ1 沖メバル2

◆注意事項
出船はam5:30ですが30分前までには遅れないよう
おいでください。

2019/08/30(金): 出船時間
◆8/31(土)から活エサ釣りの出船時間をam5:30にしますので
30分前までには係留地までお越しください。

2019/08/26(月):
25(日)半谷で出船です。うねりがあり少し荒く漁場について
アンカリングでやってみました。
潮もゆるく状況は良かったですが皆さん胴付きで殆どが単発
Wやトリプルもありましたがつずかず駄目でした。

◆昨夜をもちまして半夜白イカは終了といたします。
乗船された皆様には感謝申し上げます。
来期もよろしくお願いいたします。

2019/08/25(日):


今日は朝から大検の白イカを解凍して二人係で海水で洗い皮をむいて
回転干機にかけました。

日中半日回転掛けたらいい具合に乾燥しました。
一枚焼いてもらい食べてみましたがうっすら塩けもあり甘く旨いです。

2019/08/25(日): 乗り合いの場合
◆活エサ釣り乗り合いの場合4人から出船となりますが
その場合の料金は15.000/人となります。
5人以上の場合は従来通りの料金となります。


2019/08/24(土):

 

 



潮いかずでしたが風が少しあり船が流れてしまい
ラインが斜めになったり根係もありなかなか難しい操船でした。
ぼちぼちアコウのいいのも混ざり皆さん根魚釣りを満喫されておられました。
大きなクジが釣れましたがいらないといわれるのでエアー抜きをしてさよならー。

釣果 アコウ(30−50cm)64 ボッカ23 ヒラメ3 マハタ1 小ビラ4 ハマチ2 クジ1 ソイ1

◆仕掛けは予め20番は用意しておきましょう。
親糸の三又か回転ビーズに針を結んだエダスをつけて20本厚紙に巻いてジッパー付きのポリ袋に入れておきます。
錘も同様な数が必要となります。

2019/08/23(金):


海水循環ポンプの配管を改良しました。

2019/08/22(木):
◆今期から活エサ釣りのエサは各自で確保してもらうように
コンテナにポンプで海水を循環させてバルブ調整できるようにしています。
乗り合いの場合は各自のエサ釣りが釣果に左右されるので下記参考にしてください。

アミは各自2キロ サビキはハヤブサのスキンサビキ(ピンク又は白)の5−6号
アミカゴは15g程度の錘が底についたもの長い竿は不要です。
コンテナからエサをすくう小さいタモ(100均の金魚すくい)を各自用意してください。




2019/08/21(水):




潮が早く根係も多発してやりにくい日でしたが
辛抱してやっているとぼちぼちあたりも出始め
アコウも型がよく35−40cm前後がまあまあ釣れて喜んでもらえました。
ヒラメは一枚顔をみたのみで駄目でした。
出る度にたくさん釣れるわけではありません。釣れない日もありますが
安全を第一に楽しく釣りをしていただければと思っています。

釣果 アコウ(30−48cm)48 ボッカ16 ソイ2 ヒラメ1 キンメ1


2019/08/20(火): パソコンと


縮専で縦画像ができないのでしばらく横画像でやってみます。

2019/08/18(日): 活エサ釣りの開始





エサが釣れず諦めかけていましたが何とか確保して
アコウを狙って歩いてみました。
潮いかずで釣りやすくヒラメも混ざりアコウも35−40cm前後が殆どで
皆さん楽しく根魚釣りを満喫されていたようでよかったです。
画像処理がうまくいかず見にくいですがご勘弁ください。
(どうやっても画像が縦向きにならずwindows7のときは問題なくやれたのに?)

釣果 アコウ(30−50cm)55 ボッカ25 ヒラメ7 ヒラマサ1 アオハタ1 キンメ2 ソイ2 クジ3

◆日中の釣りがあるときは白イカは出ませんがスケジュール票でご確認ください。
尚活エサ釣りチャーターは6人以上でお願いいたします。
5人の場合は乗り合い料金とさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

2019/08/13(火):
12(月) いい凪になり早めに出船です。
潮が少し流れ30号で何とかやれそうな状況イカメタルと
オモリグのどちらか一本でアタリをとりながら点灯1時間経っても
付く気配無く揚げて移動しました。
その後はぼちぼちと筋のいいイカが付き始め棚が上下して
アタリが止まる時間もありましたが皆さんそこそこの釣果になったようです。

2019/08/12(月):
11(日) 風とうねりがありゆっくり漁場に向かいました。
船もわずかでアンカーを下ろし潮をみると坂潮がながれ
イカメタルとオモリグ30号の手持ち一本竿で挑戦です。
ごろんごろんと荒い中で明るいうちはさっぱり心配でしたが
点灯1時間後位からぼちぼち付き始め最後まで付いて
数は把握していませんが皆さんまあまあの釣果になったようです。

2019/08/11(日):
10(日) 荒い中ゆっくりと漁場に向かいました。
点灯して1時間後くらいからぼちぼち付き始めますが
胴付き仕掛けでたまにW付きもありますが単発が多く
一本竿でやられた方は最後まで付きました。
オモリグなら倍の釣果も望めたものを全体にいまいちで
20−30パイ前後/人の釣果でした。

◆沢山釣ろうと思って胴付き仕掛けを2本やっても釣れません。
潮が少し流れるときはオモリグの30−50号でエギの2..5号一つがお勧めです。

2019/08/09(金): 少しは




8(土) 坂口精工(有)の皆さんと白イカにリベンジです。
潮が早くオモリグの30号で何とかやれましたがお祭りもあったりと
イカもぼちぼちといった付き方ですが前日のような事はありません。
中型メーンに10−30パイの釣果です。


2019/08/08(木): はてな
7(水) 薄暗くなってもイカが付かず1時間後も気配無く揚げて移動。
そこでも単発で付く程度の苦しい展開になってしまいました。
イカがいない訳ではないでしょうがそれにしても今期初めて
経験したこわーい夜で皆さんの釣果もさっぱり一桁〜20パイ程度/人でした。

今夜はどこへ行こうか昨晩みたいなことにならないか悩むところです。

◆注意事項のお知らせ
船長が船にくるまでは勝手に乗船することはご遠慮願います。
チャーターでも乗り合いでも同様ですので宜しくお願いいたします。

2019/08/07(水): 南が


南が強く吹いたりしましたが次第に止んできました。
最初の場所を移動して大きく空いているところにアンカリングです。
1時間後ぼちぼち付き始め30−40cm級が多く混ざりました。
風は苦にならずイカメタル/オモリグ/胴付きについて
30−70パイ/人のまずまずの釣果でした。

2019/08/05(月): 潮いかず



4(日) 船も少なくアンカリングでラインも真下になりました。
点灯までは芳しくなくどうなることか心配もしましたが
1時間後位からぼちぼち付き始めイカメタル/オモリグ/胴付き仕掛けと
さまざまですが中型メーンに35cm前後の大型が良く混ざり
皆さん平均して釣られ30−80ハイの釣果になりました。

◆白イカが釣れるので盆後も出てみたいところですが
日中活エサ釣りがあるときと翌日出るときは
半夜は控えさせてもらいますので宜しくお願いいたします。

2019/08/04(日): 半夜
 

3(土) 潮もゆるく船も少なく点灯までに小型が少しで
暗くなり1時間後位からぼちぼち付き始め
pm9:00以降には中型が混ざり大検はわずかでした。
皆さんイカメタル25号で粘ってみましたがいまいちで
釣果の方は20−50パイ/人でした。

2019/08/02(金): 明るいうちから


1(木) 少人数で今夜も船の少ないところでアンカリングです。
潮が流れラインがとられてイカメタルは30号で
オモリグも30号で何とか釣れる状況になりました。
明るいうちからぼちぼち付いて点灯後もアタリがあり
中サイズメーンに40cm近いものも時々混ざり50−70パイ/人の釣果です。

2019/08/01(木): 蒸し暑い夜


31(木) 少人数で船の空いている所にアンカーを下ろしました。
点灯までに小さいものが2−3バイと良くない状況で
どうなるか不安でしたが1時間後位からは中小サイズがぼちぼちと
時間の経過とともに35〜40cmサイズが混ざり始め20−60パイ/人とまずまずの釣果です。
潮が少し流れ30号のオモリグに良くヒットしてきました。