海釣り大好き!
year
サービス概要
遊漁プラン
予約状況
釣行日誌
連絡掲示板
関連リンク
お問い合わせ


釣果や釣りに関する様々な情報を随時お伝えします。

この先一週間は






夜釣り [20]
大漁! [35]
釣果報告 [2456]
大物! [27]

2019年9月 [10]
2019年8月 [21]
2019年7月 [21]
2019年6月 [15]
2019年5月 [16]
2019年4月 [8]
2019年3月 [9]
2019年2月 [1]
2019年1月 [2]
2018年12月 [2]
2018年11月 [4]
2018年10月 [11]
2018年9月 [12]
2018年8月 [13]
2018年7月 [13]
2018年6月 [5]
2018年5月 [12]
2018年4月 [10]
2018年3月 [11]
2018年2月 [4]
2018年1月 [7]
2017年12月 [2]
2017年11月 [5]
2017年10月 [12]
2017年9月 [14]
2017年8月 [11]
2017年7月 [21]
2017年6月 [18]
2017年5月 [18]
2017年4月 [8]
2017年3月 [12]
2017年2月 [7]
2017年1月 [5]
2016年12月 [2]
2016年11月 [8]
2016年10月 [10]
2016年9月 [13]
2016年8月 [21]
2016年7月 [16]
2016年6月 [16]
2016年5月 [15]
2016年4月 [13]
2016年3月 [8]
2016年2月 [4]
2016年1月 [3]
2015年12月 [3]
2015年11月 [5]
2015年10月 [13]
2015年9月 [11]
2015年8月 [20]
2015年7月 [21]
2015年6月 [10]
2015年5月 [12]
2015年4月 [9]
2015年3月 [9]
2015年2月 [5]
2015年1月 [4]
2014年12月 [3]
2014年11月 [7]
2014年10月 [11]
2014年9月 [21]
2014年8月 [16]
2014年7月 [19]
2014年6月 [19]
2014年5月 [21]
2014年4月 [19]
2014年3月 [13]
2014年2月 [9]
2014年1月 [10]
2013年12月 [9]
2013年11月 [15]
2013年10月 [14]
2013年9月 [14]
2013年8月 [22]
2013年7月 [18]
2013年6月 [21]
2013年5月 [21]
2013年4月 [11]
2013年3月 [11]
2013年2月 [6]
2013年1月 [13]
2012年12月 [13]
2012年11月 [11]
2012年10月 [16]
2012年9月 [13]
2012年8月 [23]
2012年7月 [19]
2012年6月 [20]
2012年5月 [19]
2012年4月 [19]
2012年3月 [15]
2012年2月 [12]
2012年1月 [12]
2011年12月 [5]
2011年11月 [13]
2011年10月 [8]
2011年9月 [18]
2011年8月 [11]
2011年7月 [21]
2011年6月 [16]
2011年5月 [19]
2011年4月 [12]
2011年3月 [12]
2011年2月 [8]
2011年1月 [5]
2010年12月 [8]
2010年11月 [9]
2010年10月 [19]
2010年9月 [16]
2010年8月 [21]
2010年7月 [19]
2010年6月 [23]
2010年5月 [19]
2010年4月 [20]
2010年3月 [17]
2010年2月 [11]
2010年1月 [10]
2009年12月 [8]
2009年11月 [14]
2009年10月 [23]
2009年9月 [19]
2009年8月 [22]
2009年7月 [26]
2009年6月 [23]
2009年5月 [23]
2009年4月 [23]
2009年3月 [20]
2009年2月 [15]
2009年1月 [14]
2008年12月 [17]
2008年11月 [20]
2008年10月 [27]
2008年9月 [27]
2008年8月 [24]
2008年7月 [30]
2008年6月 [24]
2008年5月 [27]
2008年4月 [23]
2008年3月 [9]
2008年2月 [7]
2008年1月 [12]
2007年12月 [9]
2007年11月 [12]
2007年10月 [16]
2007年9月 [13]
2007年8月 [19]
2007年7月 [15]
2007年6月 [16]
2007年5月 [11]
2007年4月 [11]
2007年3月 [10]
2007年2月 [4]
2007年1月 [7]
2006年12月 [9]
2006年11月 [11]
2006年10月 [23]
2006年9月 [19]
2006年8月 [19]
2006年7月 [25]
2006年6月 [19]
2006年5月 [18]
2006年4月 [11]
2006年3月 [8]
2006年2月 [5]
2006年1月 [5]
2005年12月 [3]
2005年11月 [15]
2005年10月 [23]
2005年9月 [15]
2005年8月 [20]
2005年7月 [21]
2005年6月 [19]
2005年5月 [15]
2005年4月 [17]
2005年3月 [8]
2005年2月 [3]
2005年1月 [6]
2004年12月 [4]
2004年11月 [11]
2004年10月 [11]
2004年9月 [11]
2004年8月 [20]
2004年7月 [21]
2004年6月 [20]
2004年5月 [8]
2004年4月 [5]
2004年3月 [4]


2019 7月
2019/07/31(水): 潮いかず
30(火) 凪のようでも出てみると大きなうねりがあり
点灯後すぐに船酔いの方がありつりにならず。
他の人はぼちぼち釣られていて後半にかけて
大きなものも付いていました。
重たい錘は必用無く20号のオモリグで十分
荒いなか大小混ざりで中サイズメーンに20−60パイ/人の釣果です。

2019/07/30(火): 熱中症に注意を
スポットエアコンで溶接作業をしていてもこの暑さは異常です。
そのてん夜のイカ釣りは少しは涼しくなり快適です。
氷又は2Lの冷凍ペットボトルは多めに入れておきましょう。

◆平日空きあります少人数でも出ますのでお問い合わせください。
これからは数釣りができるようになり沖漬けサイズも混ざるようになってきます。

2019/07/29(月): 釣れないながらも






28(日)潮が早くてもアンカリングの船があるとシーアンカーでは
流せないので仕掛けの工夫が重要になります。
仕事でお世話になっている坂口精工の皆さんでイカに挑戦です。
潮が早くイカメタルの20号は飛んでしまいこうなればイカも付かず
辛抱してみましたが出れば大型も混じりますが数が出ませんでした。
それでも皆さん楽しそうに釣りをしていたようで何よりです。
釣果が思わしくなかったのでリベンジしてもらいましょうか。

◆仕掛けの再考
余程の事が無い限りはアンカリングでやるので重たい錘を用意してください。
イカメタルよりもオモリグ(中錘)30−50号にエギの2.5号を一個のみで。胴付きは80−100号を使用します。

2019/07/28(日): 早い潮
 

潮流計は潮が緩いですがアンカーを下ろしてみると20号が
飛んでいて30号に替えてもかわらずでも辛抱してみました。
点灯までには皆さんが5−6パイと期待させます。
中盤までは小型が多くその後は時間の経過とともに
筋のいいイカがつき始め大検も時々混ざり中型メーンに
20−70パイの釣果です。

オモリグ(中錘)の方は終始連続で釣られていますが
棚と仕掛けやはり最後は腕の差が釣果を二分します。


2019/07/26(金): アンカリング


上潮と底潮が違い船が廻りロープが船の真下になり
仕掛けが流れてロープに係るときがあり困りました。
辛抱してやっていると単発ですが筋のいいのが付きはじめ
大検が時々混ざり中型メーンに30−50パイ/人の釣果です。
まだまだ大きなイカが付くので引きがなんともいえません。


2019/07/25(木): 流して
24(水)潮が早く船の少ないところで2マイル離して流しますが
肝心なイカは筋のいいものの単発でさっぱり5−20パイ/人の釣果です。
長手付が多くいない訳ではないでしょうが今夜は
作戦を変えてみようと思います。
潮が早いときは流すか灘に入ってアンカリングでやるか悩みます。

◆今夜も潮が早いようですが流しは思わしくなく
アンカリングでやってみますので

イカメタルとオモリグは30号で
胴付きは80−100号をご用意ください。

イカが浮いてくればイカメタルは15−20号で
中錘は20−30号に替えることもできます。

2019/07/21(日):


20(土) 灯を入れて1時間経っても船中20程度で
辛抱しきれなくなりアンカーを揚げて移動。
手のひらサイズばかりで最悪の状況に落ちいりましたが
遅くなるにしたがって大検が少しと中型メーンに
ボツボツつき始め時間を少し延長して15ー50パイの釣果でした。
中錘の方は後半釣りつずけておられ女性の方も終盤入れ乗りになりました。


2019/07/19(金): 雨降りは



18(木) 明るいうちに大きなイカが5ー6パイと点灯後も
ぼちぼちつき始め大剣混じりの中型メーンに好調に釣れましたが
後半は失速しました。85−100パイ/人の釣果です。

◆今はアンカリングで白イカを狙っていますが
潮が少し流れるときがあるのでいかメタルは25−30号を
中錘は30−50号を胴付き錘は80−100号が必要となります。

潮行かずのときはイカメタルハ15−20号 中錘は15−20号
胴付き錘は60号がベストです。

2019/07/18(木): 冷凍保存


冷凍の白イカが少したまったところで親戚やお世話になっている
方々に少しずつ送ったのでいかが少なくなりました。
盆までにはもう少し冷凍したいので頑張ってみよう。

◆釣った白イカの赤身を出すには
活締めするか死んで透明になったらジッパー付きのポリ袋に
小分けして2Lの冷凍ペットボトル1本に対してして海水をバケツ一杯クーラーに入れます。
帰るまで海水は捨てずに袋を真水で流しそのまま冷凍します。

外気温が30度を越すような日はペットボトルは2本は必要です。
海水はバケツに3杯は入れましょう。
持ち帰るにはいろいろな方法がありますが試されてみてはいかがでしょうか。

2019/07/17(水): 少人数で
 


16(火)風も収まりごろごろした海上を漁場に向かい
灯を入れる前に筋のいいイカを5ハイ釣りましたが
pm9:00ごろまでは全く音沙汰無くえらいところに
アンカーを下ろしたかにみえましたが
急に底付近でぼちぼち付き初め大剣がよく混ざり
中型メーンに30−50パイ/人と出た甲斐があったというところです。

◆潮が少し流れラインが真下にならず
イカメタルと中錘は25−30号をご用意ください。

◆17(水)は地元の観音祭りで全船欠航ですが
18日は半夜でますのでお問い合わせください。

2019/07/16(火): 残念


15(月) 魚場を変えて1時間経過サゴシが食い仕掛けが切られ
イカも付かないので揚げて移動。
その後ぼちぼち大剣混じりで中型がつき始め
10−30パイ/人の釣果でした。
後半付きそうなので時間の延長も考えましたが船酔いの女性イの方がおられ
延長できず少し悔やまれました。

船酔いのおそれがある方は必ず酔い止めを飲んで乗船しましょう。

2019/07/15(月): 今夜は
 
 

14(日) サゴシが飛び心配しながら灯を入れて待つこと
1時間後位から底でつき始めるも後がつずかず苦しい展開になりました。
ベイトが凄く集まっているのにイカの反応が無くpm9:00以降
単発気味につき始め偶に大検も混ざり中型メーンに10−50パイ/人の釣果です。

2019/07/14(日): 終了まで


13(土) 少しうねりがありましたがラインも真下で
イカメタルと中錘の20号で皆さん手持ち一本で
たまに大検が混ざり中サイズメーンに多い方は100パイオーバーと
W付きもあり良く付きました。
沢山釣られる方はコツがわかっておられさすがですがビギナーの方は
大いに参考になりますので誘いのやり方を真似てみるのもいいでしょう。

釣果 白イカ450

2019/07/11(木): 半夜
10(水) 灯を入れて1時間後ごろから南が強くなり始め
雨も伴い船外機の小船はかえってしまいました。
アンカーが利かないので揚げるとロープが掛かっており
やり直してしっかり安定させジッと待つとぼちぼち付きはじめました。
仕掛けの選択と棚のとり方後は腕の差で5−50パイ/人とアジ20程の釣果でした。

◆胴付き仕掛けにエギを沢山つけてのやり方は最悪。
スッテを付けて中に一つエギを加える仕掛けに替えることと
間を広くすることです。
中錘仕掛けのエギには一番釣果がありました。


2019/07/10(水): 半夜


9(火) 潮がいきて仕掛けが絡まったりしてイカも
つきが悪く中型メーンにぼちぼちといったところで
20−35ハイ/人の釣果でした。
アジも少し釣れた程度でなかなか思うようになりませんでした。




2019/07/09(火): 雨の中


8(月) 光り雷がなる中少人数で出船です。
灯を入れて1時間後アタリが出始め大剣は少なくなりましたが
中型が多く小さいサイズも混ざりました。
遅くなるに釣れて型もよくなり平均して50パイ/人の釣果でした。
アジが船の周りに浮いてきましたが無視してイカ一本でやりました。

◆大雨注意報が出ていますが昼にはあがりそうなので
9日半夜白イカは予定通り出船です。

2019/07/08(月): 半夜


7(日) 灯を入れて1時間経ってもベイトが集まらず
えらいところをやってしまったと思われましたが
その後は小型が単発でつき始め後半になるにつれて
大型が混ざり始めやれやれでした。

釣果 白イカ150 アジ少々

◆土曜の夜はご希望あれば延長可能ですので宜しくお願いいたします。
(1時間延長の場合2.000/人)UPといたします。


2019/07/05(金): 保存用に



4(木) サゴシが悪いことをします。
小さいサイズが混じり煮付けにしてもらい晩の肴です。
30余りとアジが20程度でした。

2019/07/04(木): 半夜


3(水) 船も少なく明るいうちにバタバタと付き
灯をいれてしばらくすると筋のいいのがぼちぼち釣れ始め
皆さんまずまずの釣果になったようでやれやれです。

釣果 白イカ180 アジ70

◆今夜もいい凪なので保存用に出てみようと思います。
白イカ良くなってきました。少人数でも出船しますのでお問い合わせください。

2019/07/03(水): 半夜



2(火) 少人数で出船です。潮がすこし早くベイトも寄ってこずイカも単発で
ぼちぼちといったところでした。
アジが浮いて上層から中層で胴付き仕掛けの3本針に
食ってきました。
30号の中錘ではPE0.8号が高切れしてしまい戦意喪失。

60号の胴付き仕掛けの置き竿では釣れません。
手持ちのイカメタルか中錘で棚を探るのが一番ベストです。
スッテやエギを沢山つけても手返しの早さにはかないません。

釣果 白イカ50 アジ60

2019/07/02(火): 昨夜は
白イカの様子見に出てみました。
出るときから大きなうねりがありラインは真下ですが
いきなりサゴシに仕掛けを切られ点灯後ベイトも集まり
アジ仕掛けにサゴシがトリプルヒット。
アジも少し釣れ始めたころ仕掛けが切られ始め
白イカは全く付かず早じまいして帰りました。

◆サゴシがいるのでイカメタル仕掛けと中錘は予備を
十分ご用意ください。